2018年12月25日
  コラム 散策 職場体験

中学生がご案内!東北大学史料館①

東北大学の片平キャンパスには、東北大学の公文書や教職員・学生の資料など、大学の歴史に関する資料を保存・公開し、そしてこれらを活用した教育・研究活動を行っている「東北大学史料館」があります。

史料館の2階は展示室になっており、東北大学の歴史をテーマにした常設展や企画展などを誰でも見ることが出来ます。

【館内の様子】

柱がなく天井の高い2階展示室。元は東北帝国大学の図書館でした。一時閉館されていた時代は教職員が昼休みにバレーボールをしていたこともあったそうです。学友会ボート部より寄贈されたボートを中心に据えたダイナミックなレイアウトになっています。

 

【常設展】歴史のなかの東北大学

東北帝国大学の誕生

常設展では、東北大学の誕生の経緯などを詳しく知ることが出来ます。

 

東北大学の前身である東北帝国大学が創設されたのは1907年。日本は日露戦争が終結したばかりで財政がひっ迫していたため、古河財閥や宮城県などによる寄附を受けて設立されました。

当時古河財閥は足尾銅山の鉱毒事件で世間から批判を受けていたため、大学の設立に寄附をすることにより、世間からのイメージアップを図る意図があったようです。

【東北帝国大学の設置決定について書かれた当時の内務大臣原敬の日記。原敬は古河財閥の顧問も務めていた。】

 

アインシュタインを教授に!?

東北帝国大学は建学当時、あのアインシュタインを教授に迎えようとしていました。

その時に提示した年収は現在の金額で1億5000万~6000万円ほど。当時の大学総長の年収の倍程度の年俸だったといいます。

結局アインシュタインを教授に迎えることはできませんでしたが、1922年12月3日にアインシュタインは東北帝国大学を訪れ、その時のサインが展示されています。

【アインシュタインのサイン】

 

日本で初めての女子大生

東北帝国大学は、1913年、日本で初めて女子学生の入学を受け入れました。

【日本初の女性大学生:黒田チカ(化学科)、牧田らく(数学科)、丹下ウメ(化学科)】

これに関して、国とのやり取りについての展示があります。

東北帝国大学の入学試験に女子が数名出願していることを知った文部省は、帝国大学への女子の入学は「重大事件」であるからと、大学にこの件に関する説明を求めます。その文書が送られたのが1913年8月9日。

【女子の東北帝大受験に関する文部省から大学への照会文書】

これに応じ、大学が文部省を訪れたのは8月25日。実に2週間以上の間が空いています。なんと大学はこの間に、女子学生を含めた学生への「合格発表」を済ましてしまったのです。これを既成事実として文部省に伝え、そのまま女子の入学が実現することとなりました。

東京大学、京都大学に女子学生が初めて入学したのは第二次世界大戦後。東北大学の対応がいかに時代に先んじていたかがわかります。

その②へつづく。

 

【この記事は、職場体験で東北大学を訪れた仙台市立広瀬中学校の生徒3人の協力のもと作成しました。】

関連記事

新着記事