2017年12月08日
  コラム 散策 職場体験

中学生がご案内!理学部自然史標本館①

古生物エリア

皆さんは自然史標本館に行ったことはありますか?自然史標本館には、古生物、鉱物などのいろいろな種類が展示されていますが、ここでは古生物を紹介していきます。

古生物エリアは、1階の半分と2階にあります。その中でも注目は、ウタツギョリュウという古生物です。ウタツギョリュウは約2億5000万年前に生息していた世界最古級の魚竜で、自然史標本館には、ウタツギョリュウの完模式標本が展示されています。完模式標本とは、世の中に初めてその生物の存在を発表する論文に用いられた標本のことです。

【ウタツギョリュウの化石】

 

ウタツギョリュウはイルカに似ているようですが、ウタツギョリュウにはイルカにはない体のつくりがあります。それは、後ろ足(ヒレ)です。イルカは水の中で泳ぐスピードを速くすることを追求した結果、足が尻尾にくっついたため、イルカには足がなくなったそうです。

【ウタツギョリュウとイルカの違いの写真】

 

次に注目したいのは、フクイラプトル・キタダニエンシスという古生物です。フクイラプトルは、白亜紀前期に生息していたアロサウルス上科に属する肉食動物です.福井県勝山市北谷で発掘され、日本で初めて学名のついた恐竜です。大腿骨の長さから全長4.2mほどであったと考えられ、大きな手の爪や、走るのに適した長い後肢が特徴です。

【フクイラプトル・キタダニエンシスの化石】

このように大昔の生き物のことがわかる化石が数多く展示されています。そんな貴重な化石を見に、一度自然史標本館を訪れてみませんか?

 

利用案内等はこちら

 

この記事は、職場体験で東北大学を訪れた仙台市立田子中学校の3名が作成しました。

 

 

関連記事

新着記事