2018年11月15日
  散策 職場体験

中学生がご紹介!片平キャンパスの木々その③ 片平キャンパス南側

【ヒマラヤシダー(別名ヒマラヤスギ)】

片平キャンパスの南門の通りには、ヒマラヤスギの並木があります。とても背が高く最大60mにもなるそうです。ヒマラヤスギは、パキスタンの国の木として有名です。

 

【光通信発祥の地石碑と桜】

片平キャンパス南側、電気通信研究所の敷地内の「光通信発祥の地」の石碑とその後ろにある桜は、東北大学第17代総長西澤潤一先生による光通信の研究や開発の業績を讃えたものです。

石碑の近くにもモミジなどのさまざまな木々が植えられていて、秋には紅葉がきれいです。

【石碑の近くのモミジ】

 

いかがでしたでしょうか?

みなさんもこの片平キャンパス来るときには、ぜひ色々な木々も見つつキャンパスの散策を楽しんでみてください。

 

【この記事は、職場体験で東北大学を訪れた仙台市立台原中学校の生徒3人が作成しました。】

関連記事

新着記事