2018年09月18日
  まなぶひと

まなび情報誌「まなぶひと」 2018年10月号 Vol.41

特集:川内第2食堂普通カレー

―貧のあるカレー―

「貧食」と聞いてピンとくる方は、間違いなく東北大学にゆかりのある方でしょう。

今はなき川内キャンパスの「川内第2食堂」は、通称「貧食(ひんしょく:貧民食堂)」と呼ばれていました。チキンカレーにおふくろカレー、怒髪天カレーなど、時代ごとにさまざまな商品が提供されていましたが、やはり基本は「普通カレー」。閉店した2008年でも普通カレーは普通盛りで190円と、胃にも懐にも優しい学生たちのまさに生命線のような食堂でした。そんな、東北大生にもっとも愛されたといってもよい「貧食」の普通カレーが、この秋、レトルトカレーとして復刻されることとなりました。

 

※注:だいぶ盛っております。

復刻販売される「普通カレー」。もちろんこの写真は玉ねぎを後からたくさん加えたものです。

 

1967年の開店から変わることのなかった波板張りの倉庫のような外観。この外観こそ「貧食」のシンボル。

 

店内。昼食時は1000~1300人分の食事を提供していた。ご覧の通り、女子学生はほぼいません。お腹を空かせた当時の「イカトン(いかにもトンペイ)」が黙々と食欲を効率的に満たす場でした。

 

大学の昼休みは12:00-13:00。全学部の主に1~2年生の教養科目の授業が行われる川内北キャンパスには、この時間、学生、教職員あわせて数千人が溢れかえります。当時から貧食の他にも食堂はありましたが、安くて速いといえば、提供メニューが回転の速いカレーでほぼ統一されている貧食でした。また、貧食には1日3食カレー大を平らげる猛者たちの逸話や、10円のキャベツは「草」と呼ばれていたエピソードなど、「貧」にまつわるおもしろ話もたくさん。そんな「貧」も笑顔に変えた食堂の看板メニューを、ぜひ一度お楽しみください。

 

川内第2食堂 普通カレー (2018年9月20日発売開始)

価 格 :1箱378円(税込)

内容量:200g

販売店舗:東北大学生協購買店、オンラインショップ

問い合わせ:

東北大学生協さくらショップ

【TEL】022-264-0706

オンラインショップはこちら

 

【カレーを食べて応援しよう!】

カレーの売上の7%は東北大学基金への寄附となります。

東北大学基金はこちら

関連記事

新着記事