2020年01月28日
  コラム

東北大学サイエンスカフェ 第167回「超臨界で天然物がお宝に?~新しい食品加工と廃棄物処理技術~」

2019年8月30日 第167回サイエンスカフェ
超臨界で天然物がお宝に?~新しい食品加工と廃棄物処理技術~
講師:渡邉 賢 東北大学大学院工学研究科 教授

【概要】

超臨界流体は、水や二酸化炭素の機能を最大限に発揮させることができる状態であることから、新たな食品加工や廃棄物処理技術として注目されています。なぜ超臨界流体は特殊なのか、そしてどのようなことができるのかについて、実例を交えて紹介したいと思います。

【プロフィール】

1995.3 明治大学大学院理工学部修士課程 修了
1999.1 東北大学大学院工学研究科博士課程 修了
博士(工学)取得
2000.4 東北大学大学院工学研究科 助教
2006.10 東北大学大学院工学研究科 准教授
2018.5〜 現職

 

研究室(附属超臨界溶媒工学研究センターシステム開発部)ウェブサイト

関連記事

新着記事