2019年05月30日
  コラム

東北大学 サイエンスカフェ 第158回「合成フェロモンを使って害虫防除」

2018年11月16日 第158回サイエンスカフェ

合成フェロモンを使って害虫防除
講師:桑原 重文 東北大学大学院農学研究科 教授

【概要】

昆虫の多くはフェロモンという化学物質を使って,雌雄や仲間内の様々な情報伝達を行っています。そのフェロモンを上手く使えば,殺虫剤を使わずに害虫を防除することができます。今回は,昆虫フェロモンの化学合成(作り方)と害虫防除への応用法を紹介します。

【プロフィール】

1980年 東京大学農学部農芸化学科卒。
1984年 同大学院農学系研究科農芸化学専門課程(博士課程)を中退し,同農学部助手。
1990年 茨城大学農学部助手。
1994年 同助教授。
2000年 東北大学大学院農学研究科助教授。
2001年から同教授,現在に至る。

専門は生物活性を持つ微量天然有機化合物の化学合成[農薬や医薬に使えそうな有用な生理作用を持ち,天然からは少ししか得られない有機化合物の作り方(有機合成化学)を研究しています。

研究室(生物有機化学分野)ウェブサイト

関連記事

新着記事